【体験談】引っ越し費用の節約術は大手でも通用します!

 

引っ越し費用を低くするコツは粘り強く比較すること!

 

引っ越し費用を極力安くしたいと思ったので、三社ほど見積もりをたのみました。

 

最初、自分で家族友人を呼び行おうかとも思いましたが、プライバシーや謝礼の値段、トラックのレンタル代などを考えると業者にお願いしたほうが良いと考え引っ越し業者に頼むことにしました。

 

頼んだ業者は、某大手の所ですが、相見積りしたのもあり、随分と安くして貰えました。

 

他に良かったことは見積もりを取るだけで、粗品を頂いたこと、エアコンの取り付けまで頼めたことです。

 

大型家電、ソファーなども全部運んで頂きとても楽でした。

 

引っ越し費用を、半額近くまで値引きする方法ってある?

引っ越し先は養生をしてもらい傷もつけずきれいに運んで頂きました。

 

とにかく仕事が速く数時間で終わったことに感動しました。

 

ただ最初のダンボール梱包は大変でした。

 

また新居に運び込まれたダンボールを中々開封せず随分長い間積まれたままで結構邪魔でした。

 

これは自分の問題ですが。

 

やはり三社以上にお見積もりを立てることは必須かと思います。

 

値段の差が格段に違いました。

 

ぜひ、各業者にお見積もりを行い納得のいく値段までお互い頑張りましょう。

 

ダンボールへの梱包は何を入れたか分らなくなります。

 

食器は食器。

 

本は本。

 

衣類は衣類。

 

しっかり分別しましょう。

 

また、お部屋ごとの荷物に梱包するのもいいと思います。

 

ただ、どうしても中身は確実にわけが分らなくなります。

 

そこでチェキ(小型インスタントカメラ)やデジタルカメラ等で中身の写真を撮っておいて、外箱に貼り付けるのも最高に良いです。

 

箱を開けず中身が簡単に分ります。

 

あと、この機会にいらない物は思い切って捨てることです。

 

また、引っ越し後のまったく開かれないダンボール。

 

長い間開かれないままであれば中身はほとんど不用品の可能性が高いです。

 

思い切って処分出来る物は処分しましょう。

 

 

引っ越し費用は直接交渉の方が効果あり?

 

引っ越し費用を下げるコツですが、ネットなどのオンラインで済ませるより、実際に営業の方に足を運んでもらい、直接交渉したほうが現状に見合ったプランを提示していただけるだけでなく、場合によってはディスカウントなどもしていただけるようです。

 

繁忙期の3?4月・12月を外した方が費用を安く抑えられるだけでなく、仕事も丁寧なように思います。
比較的近距離で行き来が苦でない場合は、1週間くらいかけて細かい荷物は自分の手で運んでいました。

 

新居が賃貸物件の場合、鍵は実際の引っ越し予定より早く貰っておいた方が荷物の融通が利きます。
引っ越しの際に出る大量のゴミは、自治体によっては役所の担当課に電話連絡をすれば、個別に持って行ってもらえるところもあるようです。

 

引っ越し費用を、半額近くまで値引きする方法ってある?

人出が必要な大きな家電や家具を引っ越し業者に運んでもらい、
引っ越し業者のトラックに入りきれなかった細かい荷物は自分たちで運ぶことにしていたので、引っ越し費用は比較的安く抑えていました。

 

見積もりから業者の選定は引っ越し先が決まってすぐ、予定日の2ヶ月前には済ませていました。
成約した時点でダンボールを大量にいただけたので、荷造りは早く進められました。
ダンボールのサイズも家の事情で大きめのものを多めに手配していただけました。

 

格安プランだったにもかかわらず、しっかり梱包して大切に運んでいただきました。
家電や家具はもちろんのこと、マンションの床や壁にも傷は全くついていませんでした。

 

費用削減でかなりわがままを聞いていただきましたが、しっかりとした仕事に感謝しています。

 

見積もりは企業の規模を問わず5?6社からもらいました。

 

 

引っ越し費用を、半額近くまで値引きする方法ってある?

訪問なしで電話のみでお見積りをしてくださったところがとても良かったです。
電話だけでしたが、費用の相談ものってくさり、少しですが値下げもして貰えました。

 

どこの引っ越し業者も訪問しないと見積もれないという中、某中小業者は電話で荷物の詳細を聞くことで見積もってくださりました。

 

また、「何日までに決めてください」という交渉も他業者のように焦らせたり脅すような言い方は全くありませんでした。

 

立ち寄りプランの相談をしたのですが、親身になって相談にのってくださりました。
引っ越し当日も時間通りに来てくださり、作業員さんの印象もとてもよく、作業もとても速かったです。

 

無料のサービスで洗濯機の排水の取り付けまでしてくださり、本当に助かりました。
金額もとてもリーズナブルだったので満足することができました。

 

引っ越し費用を浮かすアドバイス

引っ越し費用を、半額近くまで値引きする方法ってある?

ものの処分はできるだけタダでする!を心がけました。
服はフリマアプリで売り、本やグッズは古本屋やオークションで売り、家電はリサイクルショップに売りと、できるだけタダ以上で処分しました。
普通に処分するには、最低限ゴミ袋代がかかります。
しかし引っ越しは大金がかかるので少しでも節約したいもの。

 

手間はかかるものの、どんなに少額でも売りお金を手に入れることをしました。
手に入れたお金を引っ越し費用にあてることもできるので一石二鳥です。

 

また引っ越しは「物をできる限り減らす」ことが必要になります。
その時の座右の銘は「”必要になるかも”は”必要ない”」です。

 

長年来ていない服や使っていない道具、本は、結局この先も使用しないことがほとんどです。
この判断基準で私は大量にものを減らすことに成功しました。

 

 

 

【口コミ】アートのレディースパックを使いました

 

引っ越し費用を、半額近くまで値引きする方法ってある?

男性のスタッフさんに運んでもらうには少し抵抗があるものでも女性スタッフなら安心して任せられますし丁寧でした。

 

割れ物などはより気づかって運んでくれました。

 

ダンボールに大切なものと記入したダンボールを何も言わずに丁寧に扱ってくれました。

 

ただ、やはり大きい荷物や重たいものを運ぶ時は少し大変そうでした。
なので、善し悪しだと思います。

 

ただ、女性スタッフなので気軽に荷物に対して話せるのでやはり利用して良かったなと思います。
引越しする際男性がいると気まづい荷物でも女性スタッフなら同じ女性なので安心して任せられました!

 

今回このパックを利用して次回もまた利用したいと思えるほどとても丁寧でした。
女性1人で引越しするならこのサービスはオススメです。

 

アート引越センターの引越し費用が、半額になる!?というサイトを見て実際どうなるかなと思って頼みましたが、金額もかなり安くして貰えたので、料金面でも大満足でした!

 

 

 

レディースパックを効率良く使うポイント

 

パックを使用して引越しをするのはいいと思いますが荷造りもしてもらうパックだと時間がかかるので予め荷造りだけはしておいた方がいいと思いました。
大切なものとかも荷造りを任せてしまうとキズがついたりですとかそういった事を避けれるので
人に任せるよりは自分でした方がいいですね。

 

あとはいらないものは予め荷造りする時に処分した方が引越しする時に荷物も減りますし引越し先でゴミがあまりでなくなります。

 

食器などの割れ物は隙間をあけてダンボールに入れてしまうと割れる可能性が高いので
なるべく新聞紙などでひとつひとつきちんと包んで縦に入れていくと隙間がなくなり割れにくいです。

 

あとは使わない細かな物から荷造りを始めるといいと思います。

 

更新履歴