日通はどこまで引っ越し費用を減らせるか?

 

引っ越し体験談

日通は費用を節約したいという話しをした所、
どうすれば安く出来るか親身に答えてくれました。
対応も丁寧で優しい方ばかりで色々頼みやすかったです。

 

特に食器等も一つ一つすべてお任せで主婦の方々がやってくださったので母も喜んでいました。

 

訳あって半年に2回の引越しをしたのですが
どちらも日通さんに依頼をしたところ両方とも同じメンバーの方がいらしてくれたので同様にやっていただくことができて助かりました。

 

新居に引っ越される際に、新居をきれいに保ちたいのであれば、
事前にホコリやゴミがたまっている家電類、照明類は自分できれいにする方が良いと思います。

 

 

引っ越しをスムーズに終らせるポイント

 

自分同様、費用を節約したい方は引っ越し業者の担当者に包み隠さずいうべきだと思います。
相手もプロなので取り合ってくれますし、笑ってきたりしたらその程度だと思い候補から外していいかと。

 

引越し業者の方も、家電等を毛布等で包む際に、
雑巾でホコリを落としてくださいますが、時間もあるのですべて落としてもらえるわけではありません。

 

そのため、新居の配置の際に結構ホコリが落ちたりします。

 

また、事前にホコリを落としておくと、退去時の掃除もかなり楽になります。

 

新居もきれいに保てますし、退去時の掃除の時間の短縮にもなり、
引越し後の作業に専念できる時間が増えますので気になるか方には是非お勧めしたいと思います。
家電や照明だけでなく、自分で運ぶものもこの機会にぜひきれいにしてみてはと思います。

 

引っ越し費用削減を第一に見積り

 

引っ越し体験談

とにかく引っ越し費用を安価に済ませたいという希望が第一優先でした。

 

ネットで調べてハートさんが一番安いという事を知り、見積をお願いした際、県をまたぐ引っ越しであった事もあり、引っ越し日を指定しない(要するにトラックがいっぱいになった時点で出発できる会社側のスケジュールに合わせた)混載便の提案を受けて快諾しました。

 

もう3年は経ちますがありえないほど安かった記憶があります。

 

いくら会社のスケジュールと言ってもでたらめに待たせる日程ではなかったので
(確か通常プラス2日後に着きました)
貧乏夫婦は自分たちは車で転居先に移動しつつ、車中泊1泊と布団だけ車に積み込んで新居に持ち込み、
がらんとした部屋で荷物をまつというサバイバルな強行軍でした。

 

旅行がてらな空気も相まって良い思い出です。

 

そこまで頑張らなくても普通のスタンダード便で十分安いですよ。

 

積み込みの方もとっても感じのいい方で人にも勧めまくっています。

 

 

 

引っ越し体験談

 

不用品は事前からフリマやネットや掲示板などを活用して売れるものは売る
、処分費用を払うくらいなら引き取ってくれる人を探す。

 

たとえばいらない使い古した食器やカラーボックス、テレビや家具。

 

タダであれば時間をかけさえすればそれなりに引き取り手も現れてくれました。
ちなみに私は家財や大物は市のリサイクルセンターへ。
雑貨や衣類、小物関係は売れるものはオークションへ。

 

最終処分はフリーマーケットで諸々を投げ売りしました。

 

あと、梱包用の段ボールはスーパーでもらえばいいですし、
引っ越し先のどの部屋に置いていくかを決めて箱に記載しておくように梱包すると後々非常に楽でした。

 

もう一つ、手続き関係などで引っ越し先で意外とすぐに必要になるのが印鑑だと個人的には思ってますので、これは荷物の箱ではなく手回り品として持ち歩いておいた方がいいです。