引っ越し費用を下げるポイント

見積りは数社にお願いし値段やサービスの競争をしてもらうことで引っ越し費用が安くなります。

 

ただしインターネットで一斉に見積り依頼をするとその後電話がひっきりなしにかかってくるので
ある程度の目星をつけて引っ越し業者のホームページから見積り依頼することをおすすめします。

 

引っ越し業者が決まったらすぐに段ボールをもってきてもらいできるものから荷造りを始めます。
荷造りをする際はいるものいらないものを分け、引っ越しついでにいらないものは捨てていくといいと思います。

 

段ボールに詰める時は何を入れたのか、引っ越し先ではどの部屋に運ぶのかを段ボールに書いておくと荷ほどきが楽になります。
割れ物はわかるように赤いペンなどで書くといいと思います。

 

ポイントを踏まえてアートに依頼した感想

一括見積りと引っ越し費用の関係性

2トン半トラックがあるので他社で見積りしてもらった時には4トントラックでないと入りきらないと言われ見積り金額が高かったのでアートにお願いすることで費用が安くすみました。

 

靴やハンガーにかけてある服は
当日専用ボックスに入れて運んでもらったので荷造りの手間が省けました。

 

食器も同様に引っ越しの数日前に専用ボックスを持ってきてくれてそれに入れていくだけなので楽でした。

 

昼からの引っ越しでしたが当日朝に雪が降り引っ越し開始時間が遅れてしまったのですがテキパキと作業をしていただき暗くなる前に引っ越しを終えることができました。

 

開始時間が遅れてしまったお詫びといって照明の取り付けや不用品の回収もしていただき助かりました。

 

 

一括見積りサイトを使って引っ越し費用の値下げを試みた

一括見積りと引っ越し費用の関係性

まず引っ越し業者に頼んで行うのは初めてだったので、ネットで一括査定を行い選びました。
申込んですぐに見積もりに来れるといった業者さん3社に見積もり依頼しました。

 

3社程依頼すれば大体の相場が見えて来ます。
価格も交渉次第で下げてくれます。

 

すぐに引越しの準備に取り掛かりたいという事もあり、
真摯に価格の交渉に応じてくれその場ですぐに段ボール箱を持ってきてくれた業者さんに決めました。

 

営業担当の方も非常に細かく説明して頂き真摯な対応をしていただいたので決めました。
引越しの当日も手際よく一気にトラックに積み込まれてあっという間に作業完了しました。
安心してみていられました。

 

一括見積りと引っ越し費用の関係性

スタッフの方の対応も気持ちよく又機会があればお願いしたいと思いました。

 

 

箱詰めの際に中身を箱に記入されるというのは良くあると思いますが出来る限り細かく書く事をお勧めします。
キッチンとだけ書かれていても、いざいつも使っているコップがどこにあるかなどわかった方が荷解きの際に効率が良いです。

 

TVなどの配線関連などは頼めば業者がやってくれますが、ご自分でやられるのであれば、TVの配線を抜く前に写メを取っておくことをお勧めします。

 

実際に配線を繋ごうとする際に写メを見ながらスムーズに配線を繋げます。

 

これはやってみれば良かった点ですが、引越し先も10Km圏内と近くだったので段ボール関連は自分で運び、自家用車で運べない大きな家具類(冷蔵庫、洗濯機、子供の2段ベッド)、これだけであれば家具単品で配送してくれる業者に頼み、細かいモノは自分でピストン輸送すれば後から計算したら引っ越し費用が半分ぐらいで済むことに気づきました。

 

時間と労力を考えたらまぁいいかと思っていますが家具など別々に運ぶというのもありですね。